2017年10月16日月曜日

困ったときの「相談窓口」 "誰に" 相談すべきか紹介します。in Japan

【 Index (もくじ) 】
・Introduction

・お金で困ったとき

・犯罪や怖い・悲しいことで困ったとき

・勉強で困ったとき

・人間関係で困ったとき

・その他の相談窓口

・相談時の2つ注意ごと (信頼と費用)

・もし公務員がダメなら民間へ尋ねる



【 Introduction 】
もはや、こういう記事を
書かなければならない時代になりました。

人間関係は冷め、広い繋がりを得たぶん
一人一人の友情・愛情も希薄化しやすく、
人のつながりも切れやすい
マッチング時代となりました。

世間が今に至るまでの
背景的要因は「世代的な価値観」や
「国内の就労・勤務形態」、「産業的な影響」
「教育観の変化」、「日本特有のモラル」など
理由はいっぱいあります。

そして、
国内の人の流れや移動が激しいぶん、
人間関係は希薄になりやすく
身近に相談できる人も限られるでしょう。

毎年のホームドラマに憧れるように、
誰しも家族・友人に話せないこと、
相談できないことなど抱えてます。

それでも、ひとりで悩んでも
「解決できない」「わからない」
となったときは、
以下の相談窓口で聞いてみましょう。

すぐに答えを知るには
「人に聞く」のがベスト!!
ぜひ勇気をだしてききましょう。

「わからない」など、
無知であることも恥ずかしくない。
あなたが「わかる」まで聞きましょう。

無知の知は立派な哲学です。
わからないことを
聞く姿勢は学者と同じでもあります。
ぜひ諦めずに聞きましょう^^



【 住む家・お金で困ったとき 】

<国の福祉事務所に聞く>
お金で困ったら生活ができませんね。
日本国民なら最低の生活水準について
法律で決められてます。
生きていくための権利を生存権といい、
人間である国民の誰もが持っています。

「お金や家がなくて生きていけない」
「葬儀や入学金・光熱費も払えない」
と思ったら、
国の窓口へ聞きに行くのが一番です。
国民の相談に乗り、応えるのが
仕事ですから遠慮せずに聞きましょう。
・厚生労働省の労働相談窓口まとめ

・あなたの家から近い「福祉事務所」の
 電話もしくはメール、直接行って聞く
( 全国の祉事務所の一覧リンク )

主にお金・居住・仕事探しの支援をしてくれます。



【 犯罪や恐い・悲しい・苦しい・
 面倒なことで困ったとき 】

<危険をすぐに解決>
すぐに相談するなら
電話で警察に聞くことが一番です。
・緊急の事件・事故で危険なら110番
・緊急ごとでないなら#9110
ただ、危険性のないことでの緊急電話は
警察官にも本当の被害者にも迷惑なので
やめましょう。

<被害にあった後、困ったとき>
警察や同じく被害に合った人たち、
ホットラインに聞くのが良いでしょう。
お金の支援や生活の仕方など提案してくれます。
警察庁がよくまとめてるので、
コチラをごらんください。

<事件・事故以外の相談>
消費者庁
国民生活センターの相談窓口もあります。
生活に関わる問題を相談してくれます。
ホットライン:188番(いやや)
消費者庁:03-3507-8800


【 勉強で困ったとき 】

学校の先生に聞いたり塾に通って
聞けるのは、子どもまでですね。
子どもでも嫌いな先生、
相性の悪い先生いっぱいいますね。

そういう人たちは、
勉強で困ったら
QAサイト(質問サイト)を使いましょう。
国内QAサイトは


などがありますよ。
また勉強教えるYoutuberもいますし、
近くの学習ボランティア
教えてもらうのもいいですね。


【 人間関係で困ったとき 】

上のQAサイト
(知恵袋・教えてgoo・OKWAVE・sooda!)には
人間関係の相談カテゴリがあります。

また、電話や直接聞ける相談窓口などもあります。
ほとんどは電話・窓口対応ですが、
ときには、メールでの相談もしてくれます。
職場の人間関係こころの耳

職場のトラブルや労働問題総合労働相談コーナー(全国)

心の健康について全国福祉保健センター

人権相談についてインターネット人権相談窓口

自殺を考えて苦しむ方いのちの電話

児童虐待・いじめ・ひきこもり・不登校など相談窓口(全国)

18才までの子どもが掛ける電話チャイルドライン相談窓口

子どもが知りたい大人の方チャイルドライン(大人)


【 その他の相談窓口 】

その他の相談:内閣府掲載の相談窓口


【 相談時の2つ注意ごと 】


  • 信頼
  • 費用


信頼については誰に聞くかによります
QAサイト(質問サイト)では
不真面目な人、まじめな人など様々なので
質問をたくさん聞く必要があります

聞く相手が、公務員なら
国民の声に答えるのが使命なので
そこそこ信頼できます
もし怠慢な対応されたらクレームでも入れて
すぐ別の人に代わってもらいましょう

直接聞く場合人の質を選べます


それと、費用についてはどう聞くかによります
電話相談時には通話料金がかかりますし、
Web上で質問するのもパケット料がかかります。
どうせなら
相談窓口へ直接行く方が安上がり(無料)ですし
言いたい事が伝わりやすいのでオススメです。


【 もし公務員ダメなら民間へ尋ねる 】
残念ながら、
公務員の中でも使命感の低いひとはいますし、
公けに務める者として
1人だけを特別に扱ってはくれません。

すぐに対応してもらうなら、
民間会社へ訪ねるのがベストでしょう!

たとえば、ストーカーなど
事件化しにくい事案で場所によっては
警察も国の役所も動いてくれません。

そういうときは、
民間の防犯会社あるいは
探偵に頼むのが良いでしょう。

民間に頼むのも1つですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿