2017年2月1日水曜日

うなずかせるメンタリズム (キャッチーから学ぶ)





【 目次 】
・Introduction

・メンタリズムとは

・うなずいてしまった
あのときのエピソード


・テクニック&メカニズム





【 Introduction 】
はい!こんにちは!

うなずかせる心理学!!

メンタリズムです!

この記事を読めば、

どんな頼みでも、

「うん」なんて言ってくれる

yes man作れちゃいます!

悪用厳禁です!!ダメですよ!!
使えすぎて逆に嫌われちゃいます!

危険です。

心を許してる人に、同じ会社、部活、仕事仲間に

"うん"

と言ってくれる人を作ったり育てたりする為の

心理学です。くれぐれも気をつけて使いましょう。 ^^


【 メンタリズム 】

Daigoさんは国内でmentalismを広めた人

ですが、彼は同時にパフォーマンスで数々

の人を驚かせてきました。一部マジシャン

からの非難もありますが、疑われるのは

ムリもないのかもしれませんね。確かに、

タネを隠す工夫ができますし科学が魔法

を魅せてくれる時代ですからしょうがない

のもあります。

  そのなかでも技術じゃ説明のつきにくい

動画がyoutubeにはアップされてます。

以下ではその、厳選動画を載せてるので

御覧ください。実践的な心理パフォーマンス

メンタリズム が、どんなものかわか

ると思います。^^




ホリエモン vs Daigo -ババ抜き ↑

これぐらい凄いという人ですね!

彼のテクニックや脳科学から学んだ私は、

2分の1の確率の思考を読み取れるように

なり今では1/4,1/7での思考も操れるように

なりました。 ただ悪用などは考えておらず

充実した環境を築くために周りの人に用いて

ます。しかし、世の中では私やダイゴの他にも

ビジネステクニックの一つとして金稼ぎツール

として使う人たちもいます。その一つが、

”客引き”たちです。

 以下ではキャッチーが私に使ったテクニ

ックを実体験を交えて紹介します。 ↓


【うなずいてしまった
     あのときの話】

あの日は、終電を逃して新宿あたりを

ふらついていた夏の夜でした。 お金が

なかったので野宿できる場所を探して

た私ですが、あの時うっかり誤って風俗

・ヤクザでも有名な歌舞伎町に入って

しまったんです。そこまで恐そうな人

はいないですが、私服の兄ちゃん達

がうろついてます。そんな中、私が商店

街を歩いてる途中で唐突に彼らは話し

かけてきました。

「お兄さん何してるの~?泊まるところ

探してます~? 」

「"今"なら女の子とエッチして、朝まで

安く寝られますよ~^^」

こんな感じで話しかけてきたので、とり

あえず断りました。

そしたら、

「そんなこと言わないで~安くしますから~」

「で、女の子と気持ちいことできるけど、

この子はどう?」

断ったにもかかわらず矢継ぎ早に話を進め

てきました。 すかさず、彼はスマホを出して

女の子の画像を見せてきました。あのとき、

断り続ければ良かったのですが少しサービス

と業務形態を知りたくてそのまま話を聞くだけ

帰ろうかな~と思い、思わず

「タイプじゃないんで~」なんて下手な断り方を

してしまいました。そしたら

「それじゃぁ、こんな子はどう?」なんて言って、

別のジャンルでカワイイ子の写真を見せてき

ました。それから、

「清楚系は?妹系は?」「お姉さんもいるよ~」

という風にどんどんと話の論点をずらそうと

優しく断ってるにも関わらず、いろんな子の写

真をだしてきました。

そこで次に断るセリフとして「彼女がいるんで」

と言ってみたら、「男でしょ?」「女の子の一人

や二人は抱きたいでしょ?」「大丈夫ですよバレ

ないので!1回限りだから!ほんの90分シテ、

あとは寝るだけだから大丈夫ですよ~」

と、さっきみたいに矢継ぎ早に話のリードを

進めてきました。

「で、この子はどう?」

さすがに、相手に疲れてきたのでテキトーに

「タイプじゃないです~」って返したら

「ぁっ、じゃぁ、もうチョイ潰れた感じのが

いいかな~?」って言っては女の子の好み

の話にスリ変え
てきました。

恐ろしくもだんだん、好みの女の子に近づい

てきたので、断りにくくなってきました。

”好みの論点に上手くスリかえられた”のが

影響したのでしょう。

さすがに恐ろしくなったので”お金がない”のを

言い訳にして去ろうとしました。そしたら

ひやかし 、時間のムダ 、金払え攻撃です。

小さいくせに急に態度がデカくなってキチガイ

みたいにヒステリー・癇癪をおこしては

「ちょ、ちょまてよ!なにしてんの?

待てよ、待てよ、コッチ来いよ!今までの分

金払えよ!お前、道徳ないの?」

「ひやかしでしょ?」

の言葉を連発してきました。 たしかに

話を聞くには30分は長かったのですが、

そのほとんどは彼が話の論点をズラして

時間延ばししてたのが原因ですし、断って

たのに粘り強く行く手を阻んでた方が悪い

とおもってました。

余計、私服が水商売感がでなかったのも

ありますね。逆ギレしてからは当たり屋

行為です。「お前、そのままじゃ帰さない

からな!歌舞伎町なめんなよ!」 なんて

言って歌舞伎町を背にして言ってきました。

正直、弱そうだったので強行で帰ろうかと

思ったのですが働く辛さに同情してしまって

冷やかし代を"2000円払う"と言って帰ろう

としました。 さらに怒りを煽っちゃったん

でしょうか?足りなくて、

「マジでなめてんの?」

なんて言い返してきて

「お前の為に女の子待たせてんの!!」

「その子の分じゃ、足りねえだろ!」

蹴ってきましたね。

私の中じゃ"水商売=リスク"だったので

当然のことかと思ってましたが、どっちが

正しかったのでしょう?

「現金に9000円ないし、 払えないから、

卸すよ」 といってATM近くまで一緒に

ついて来させました。 有り金の4000円で

妥協しても足りないんでしょうか?

30分で4000円はデカイですよね。

時給8000円です。

それでも足りないと言うから商売人

は金銭感覚が狂ってるんでしょう。

若干、自分に水商売の勉強代と

言い聞かせながら残り5000円分

卸しにATM向いました。それから

札束ひとつ持たずに戻ってカード

が使えないのを伝えました。功を

奏しました。財布を失くしたときに

停めたキャッシングカードしかなか

ったんですよね。

さすがのキャッチも腰を抜かして

落ち込んだので、その隙に逃げました。

あの夜、あった事は忘れられません。

終電逃してて寝てない頭のまま
キャッチのトークに載せられたのが、

良くも悪くも記憶に残ったままです。

彼は仕事を始めて7年になるそうでしたが
引き際を知らなかったのでしょう。

「お前みたいな世間知らず、マナー知らずの
  客は初めてだ!最悪だ!」

とか言ってました。

諦めの悪いキャッチも私も驚きです。
業務妨害なら納得ですが

仕事上での接客だと仕方のないもので、

社会人なら分かるんじゃないでしょうか?

ところで、話に熱くなりすぎちゃいました。

本題から脱線し
ましたね。^^ 

そう、今回紹介するのは
うなずかせるメンタリズム” 

(キャッチ編)

でしたね。^^

すんません関係ないですが
気休めに動画でも見て脳内
リセットしましょう。↓


アルカラ - キャッチーを科学する

ハイ、お待ちかね以下では実際に

学んだテクニック"まとめ"ました。 ↓



【テクニック&メカニズム】

・「うん」を連発する質問法
(yesセット法)

・メリットやリスクの連想法
(ポジティブ・ネガティブフレーム)

・適度な量のあるトーク(脳資源)

この3つです。

”yesセット法(話法)”は、人間の

一貫性の法則(原理)
を利用し

たものです。別名、

フット・イン・ザ・テクニックとも

呼ばれていて小さなお願い

受け入れられてから大きな

お願い
をするビジネス手法を

言います。 yesセット法は

"お願い"の他にも簡単に

「うん」と同意してしまうような

会話も含む手法を指します。


次にポイントなのは、メリット

やデメリットを連想させる

ポジティブ・ネガティブフレーム

という考えです。

日本語ではリスク思考・回避型

に言い換えられます。わかりや

すく例を出せば、

<例①>
100円の当たりくじ

「買えば、
今年で1000万当たるかも?」

「買わなければ、
 1000万逃すかも?」

という広告があったとします。

前者がポジティブな方

後者がネガティブな方です。

たぶん、これだけだと単純

なので高度に書き換えてみます。

<例②>

「今日はいかがです?」

「休みを楽しんでます?」

「涼しいクーラーも効いてて、
外は暑かったですよね~」

「この部屋でラッキーです」

「きょうは100円の宝くじを

お持ちしました。」「”今”限定

1000万当たる他に、今日

買われた人の100円を世界

恵まれない子どもたちに

寄付させてもらいます。」

「届けるのは、暑い南アフ

リカの貧しい学校です。」

「熱中症者数は温暖化より

年々増加しています。同じく

涼しい環境を整えてあげま

せんか?買われた方には

赤い羽根もお渡します。^^」



ちょっと例えも長いですが、

恵まれてる私たちに宝くじ購入と

寄付で迫ってるのは

わかりましたか?

 自分たちは、クーラー効いてて

涼しい思いもしてるのに

恵まれない人へ募金すらしないのは

周りの目が気になります。

ましては赤い羽根の目印もありますよ。

逆に、たった100円で寄付もできて

1000万のチャンスある
なら購入するのが

吉ですよね。

この考えがポジティブネガティブフレーム
という考え方です。

ビジネスでは連想法として、使われる
テクニックです。

スーパーの味見コーナーも、タダ食いの
罪悪感からでる返報性の法則(原理)

利用したもので、上のフレームがベース

となってる手法です。



最後に、適度な量のトーク(脳資源)も
関わってます。

脳資源とは、言葉の通りで頭の容量
指します。

仕事や家とかで、あたまいっぱいで
人の話とか耳に入らないときありますよね。

ボーっとしてるときです。

実は、頭には記憶の限界があります。

広辞苑66.6万冊ほどの記憶量はありますが、
ホントはそこまで入りません。

脳が自動で制御してるからですね。^^

  接客されてる人なら納得でしょう?

長いと話を聞かない短気なお客さんとか、
稀にいますよね。

態度の悪い客で、サービスが遅いとかの
クレームを言う人もいます。

もちろん、性格や人格もありますが

注意散漫で落ち着かない人ほど
せっかちだったりします。

必要ない情報すら
頭に入れたくないのでしょう。

もしかしたら、普段から頭がいっぱい

で余裕のない人なのかもしれません。

逆に、落ち着いてる子も自分のペース
を守るために執拗に知ろうとはしません。

大好きなものには詳しいのですが、
他には興味を持たない子もいます。

忘れたくない事があるのかもしれませんね

このように人には頭の容量があり、
ある程度の考える為の空き容量がなければ
なりません。

先生たちが「ながら学習・勉強」を

ススメないのは考えるための空き容量

作っておく必要があるからだとも言えます。


 しかし、十分に頭が空いてれば良いわけ
じゃないです。 空いてても記憶のエラーは
起こります。特に英語のスペル学習が有名
です。

そのままの文字を覚えるだけなのに余計に
考えれるスペースが頭にあるため、文字を
誤変換して覚えてしまうことがあります。

 つまりは考える力が働きすぎて本当の
情報を歪めてしまうということです。

キャッチは、ほどよく頭を
たくさんの情報で混乱させていて、少しだけ

の考える力を残させといて誤った選択をさせる
手法を上手く使ってました。


あの夜は、仕事帰りで疲れた上に寝てなくて、
変に話を聞いてしまい

「yesセット法」でyesの製造マシーンにされ、
「矢継ぎ早のトーク」で話の主導権も考える力も
奪われ、「ネガティブフレーム」で脅し回避のため
にお金を請求する。

ムカつきますが、手法としてはプロなのを
実感できました。みなさんも詐欺師、キャッチーの
ように話をスリかえては自分の流れに持ってく人
には注意しましょう。><

逆に、このテクニックを良いほうへと

使うのを望みます。